2015年7月10日金曜日

[解決] iOSの実行時バージョン判定による分岐は3種類

昨日のエントリでも使いましたがiOSのアプリ開発ではバージョンを判定して処理を分けることが時々あります。

で、ググると3種類出てきてどれを使おうか軽く悩みました。

SDKに登場した順に並べるとUIDeviceを使うのが一番古く、NSProcessInfoはiOS8で初登場だそうです。

  • [UIDevice currentDevice].systemVersion
  • NSFoundationVersionNumber
  • NSProcessInfo
現在開発中の業務アプリはiOS7向けなのでNSProcessInfo以外を使うこととなり、中でも新しいNSFoundationVersionNumberを使うようにしました。

実装はここを参考にしました。







昨日のエントリも更新しておこうっと。

0 件のコメント:

コメントを投稿