2017年7月12日水曜日

MacでもWindowsと同じようにNuGetパッケージを作成しPushできる

以前、Xamarinを使った開発でNuGetのパッケージを作るならWindows側で行う方がよさそうというエントリを書きました。

その後Macの環境もVisual Studio for Macになり、何となく思いつきで「sudo nuget update -self」してみました。

すると2.xだったnugetが4.xになり、Windows(nugetは3.x)でpackしたNuGetパッケージと同じようなものが生成できるようになりました。
(ZIP展開して、中身がIDっぽい値以外ファイル構成や中身が同じでした。2.xの時はだいぶ違いました)

pushも問題なくできたので、そのまま使っています。

もともとこのMacはJenkinsのいちスレーブで、nuget pack/pushするためにWindowsスレーブも使っていたのですが、Macだけで済むようになりました。

めでたしめでたし。

0 件のコメント:

コメントを投稿